ワーク・ライフ・バランス等の推進


一般事業主行動計画

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく一般事業主行動計画

女性が就業継続し、活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のような行動計画を策定する。

1.計画期間:平成29年2月20日~平成31年2月19日

2.当社の課題:女性の能力発揮、キャリア形成が困難

・ 採用女性割合は一定水準に達しており、継続勤務年数の男女差も少ないが、近年、入社2,3年で離職する女性が増加している。
・ 季節による繁閑差が大きく残業の多い時期があり、フレックスタイムや在宅勤務制度の利用など柔軟な働き方を選択することに習熟しておらず、女性の就業継続が難しい。
・ 育児休業の利用しやすさに男女で大きな差があり、男性のワーク・ライフ・バランスが進まない。

3.定量的目標:管理職(課長級以上)に占める女性割合を30%以上とする。

4.取組内容:能力開発に向けた機会を広げ、女性労働者の育成・評価に向けた取組を実施する。

平成29年4月~ 外部研修の積極的活用を図る。


女性の職業生活における活躍に関する情報

平成29年2月現在

①管理職に占める女性労働者の割合:0%(男性も0%)

②採用した労働者に占める女性労働者の割合:50%

③男女の平均継続勤務年数の差異:96%

④労働者の一月当たりの平均残業時間:45時間未満